2012/07/30 12:21 PM

トゥランベンのサテ・グリタ

今日は前回引き続きのタコについて。
でも凧揚げの凧ではなく、美味しい蛸のお話です笑

先日、サヌールからキンタマーニ高原へ行ってきました。
途中、スカワティ~ゴアガジャ~グヌンカゥイを通りキンタマーニ高原へ。

キンタマーニ高原は観光ルートではないところから行ったので、
写真を撮ったら角度が少し違いました。

そのあと山を登っては降りて、バトゥール山を過ぎ、アグン山に沿ってぐるーっと回り、海側へ出ました!
左手にキレイな海を見ながら着いたのはダイビングで有名なトゥランベン!
そこの近くのローカルワルンでランチをしました。
この辺りでは人気のシーフードサテのお店。
お店の名前は『サテ・グリタ』タコの串焼という意味。
サテは鶏肉や豚肉などがメインのバリ島南部と違って、
タコ・ツナ(マグロ)がメイン!
つくねやバナナの葉の蒸し焼きもありました。
お店の前にたくさんのサテが置いてあり、お店の人にたくさん味見して良いよって言われたので、3本味見しちゃいました♪
どれもピリからでしたが、タコはやわらかくて美味しかったです。
サテ・ご飯・タコのスープで1万ルピアくらいでした
スープも美味しかったです!

そのあと、海沿いの山道を取って、アメッドの町を通り過ぎ、
チャンディダサ~ゴアラワ~サファリパークを通過しサヌールに到着。

トゥランベン・アメッドは行った事が無かったので、
海のキレイさ、街並みが見れて良かったです。
休憩したのがキンタマーニ高原とランチのみで、あとは車窓で楽しみました。

バリ島は緑のイメージがあったのですが、今回色々な裏道を通り、
周りがすべて茶色い断層の間の細い道を通ったり、また竹や黄色になって枯れ始めているイチョウなども見れました。

まだまだバリ島にはたくさんの顔があるんだなぁと思いました。

 
  • Share this post:
  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg

2 Comments

  • お早うございます。魚大好き人間の私にはもってこいのシーフードサテ・焼いていこおばしい香りが伝わってくるようです。観光は限られた時間での行動になるのでバリの知られざる顔はなかなかみられません。
    ぜひ現地に住んでいるひとならではの話題を引き続きおねがいします。

    • サヌールの海沿いでは、獲れたての魚を揚げたりスープにして出しているローカルなワルンが多く、魚が好きなバリ人も多いです!今後またブログに書きますね!

  皆様のクチコミ・コメントをよろしくお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
楽しいバリ情報が満載