2013/11/15 10:00 AM

トゥンガナン村の豊穣際

 

先日バリ・アガの村トゥンガナンで、今年の豊穣に感謝する儀式が行われました。

03001

本来トゥンガナン村の人々は、生活そのものを信仰するインドラ神に捧げていると言っても

過言ではなく、神事を執り行う日々を送るのが村人の務めとされています。

そのため村所有の水田は、村の外れに住むトゥンガナンの外からやってきた人々が全ての

作業を行います。そうして収穫されたお米は、神様に捧げてから村の家々に分配されるのです。

03002

刈り取られた稲穂には、炊き上げたお米も添えられます。

03003

小さなお団子上のお米・クスクスも、村の女性達によって用意されます。

03004

男性たちが儀式用のバレ(東屋)に集まり、儀式が始まります。

03005

今年の収穫に感謝しながら村のお寺を回り、その後女性たちがお供え物と祈りを捧げます。

そうして男性たちによって分けられたお米は、村の分を蓄え、各自に分配されます。

 

 
  • Share this post:
  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg

  皆様のクチコミ・コメントをよろしくお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
楽しいバリ情報が満載