2012/09/07 5:32 PM

隠れた人気のお菓子屋さん

バリ島では朝起きてから、まずはコーヒーや紅茶とお菓子を頂く習慣があります。
そしてお寺の毎朝のお供え物も同じ、コーヒーとお菓子をお供えします。
そのバリ島では大事なお菓子、インドネシア語で”ジャジャン”の
人気のお店が実は昔からオフィスの近くにありました。
毎日そこを通って出勤していましたが、
実際にお店をゆっくり見たことがありませんでした。
今日は時間があったので、寄って見てビックリ!!

ものすごい量のお菓子が店先に並んでいました。
見れば見るほど色々な種類があり、何を買おうか迷ってしまいました。

定番のパウンドケーキ、ブラウニー、シュークーリーム。
珍しいのはとうもろこしのプリンや
今はやりのレインボーのパウンドケーキなどなど。
バリの伝統的なお菓子ももちろんあります。

ここのお菓子はほとんどが小さめに出来ているので、
色んな種類が試せますよ。
私が購入した9個のお菓子、気になるお値段は・・
全部で12000ルピア(100円程度)でした!!
1個あたり1000~1500ルピアです。
ローカルのお店ならではのお値段ですね!
スーパーなどで買うと、1個で3000~5000ルピアだったりするので、ここは本当にお安いです。
私がお店に着いたときは誰もいなかったのに、何にしようか迷っている間に、5人くらいの現地のおばちゃんたちであっというまに
混みあってました。

そして個人的に、このお菓子と一緒に飲みたいコーヒーがこちら。
バリでは一番ポピュラーなネスカフェスティックです。
コーヒー、ミルク、砂糖が1本のスティックになっています。
日本のネスカフェとは違い、結構甘いです。
でも1つ1000ルピア位なので、バリ島に来られた際は試して見てください。
バリ島の気候にはこの甘さが良く合います。

 
  • Share this post:
  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg

2 Comments

  • お早うございます。日本の駄菓子屋さんのようですね。朝からお菓子をいただくのですか!それにしても盛り沢山のお菓子ですね!とうもろこしプリンをたべてみたい!ぜひ寄ってみたいな~。

    • そうなんです、朝からお菓子やピサンゴレン(バナナの揚物)などを食べるんです!
      日本人には甘く感じるかもしれませんが、バリ島の気候に慣れると美味しく感じます。
      是非、とうもろこしプリンを試しに寄って見てください。

  皆様のクチコミ・コメントをよろしくお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
楽しいバリ情報が満載