2012/04/03 7:40 PM

バリ島オイルいろいろ

バリ島で、万能薬と言われるオイルがいろいろとあります。
どの家庭にも必ずどれか1つがある、と言ってもいいほどです。

一番有名なのが、真ん中の「ボカシ・オイル」で、バリで作られているオイルです。
ココナッツオイルをメインにいろいろな自然成分からできているオイルです。
切り傷や虫刺され、捻挫や腰痛などの場合には、直接患部に塗り込みます。
頭痛の場合にはこめかみに塗ったり、鼻が詰まった時には鼻の近くにも塗ります。
入浴時に湯船に数滴入れて入浴剤にしたり、蒸気と一緒に吸入したり。 バリの人は
お湯やお水に数滴入れて飲む人もいるそうです。

左側のカユ・プティオイルは、白樹液とも呼ばれます。(カユ=樹、プティ=白)
これも樹木のオイルから作られている、天然成分100%のオイルです。
ボカシは茶色っぽい色をしていますが、こちらは緑がかった透明のオイルで、
ボカシよりもメントールが強く、少しスースーした感じがします。 虫刺されや
腹痛の時に塗りますが、切り傷には使わない様です。 ボカシはバリ独特のオイルですが
カユ・プティはインドネシア全域で販売されているオイルで、いろんなメーカーから
販売されていて種類も多いです。 カユ・プティは吸引したり、飲んだりはしないそうです。

右側のアロマテラピー・オイルは最近の若い人に人気の、香りの良いオイルです。
ボカシもカユ・プティもハーブ系の香りが強いので、苦手な人も多い様ですが、
アロマテラピー・オイルはさっぱりとした良い香りで、メントールが強くてスースー感が
とても気持ち良いオイルです。 ロールオンなので、ボカシやカユ・プティの様に手が臭く
なる事がありません。 私は、日本に帰国する時にこのオイルをたくさん買って
帰ります。 頭痛の時にこめかみや首筋にに塗ったり、乗り物酔いにも良いそうです。
肩こりなどに効能がある訳ではない様ですが、塗ると気持ちが良いので、痛みが
和らぐような気がします。

興味のある方はいろいろと試してみると良いと思います。 
気に入った物があれば、お土産に買って帰ってみて下さい。
ドラッグストアや薬局の他、最近はコンビニで売っているお店が増えている様です。

 
  • Share this post:
  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg

  皆様のクチコミ・コメントをよろしくお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
楽しいバリ情報が満載