2014/07/17 10:00 AM

日本のパン屋さんがバリ島にオープン

ジャカルタで「ぱん屋」という名前のパン屋さんを監修していたお店が、バリに直営店を
オープンさせました。 場所はクタのカルティカプラザ通りの南端にある、リッポモール
という新しくできたショッピングセンターの地下です。
 

01

大きなスーパー「ハイパーマート」の目の前で、お店の名前は「BALI KOBO(バリ工房)」。
お店の名前の後ろにKutaと付いているので、他の場所にも支店ができると良いですね。
 

02

棚には日本と同じ様にいろいろな種類のパンが並んでいます。 見ているとどれも
欲しくなってしまいます。 試食用の小さなパンもいろいろ置いてありました。
カレーパンやクリームパン、クリームチーズとくるみのパンなどなど・・・。
 

03

ジャカルタへ行くと必ずぱん屋へ行って買っていた食パン。 しっとりモチモチで
日本人好みの食パンです。 でもバリでは意外に手に入らなかったのです。
 

04

ちょうど飲み物のサービスをやっていましたよ。
 

05

ケーキやシュークリームもあり、こちらも試食がありました。
 

06

パン屋さんの裏側にはカフェも併設! この目の前が、カルティカプラザの通りに面した
場所にあるエスカレーターを降りた所になります。
 

07

メニューは右下のフライドポテトを除いて、全てRp50,000の均一料金で、全てにパンや
スープが付きます。
 

08

この日は煮込みハンバーグを選択。 パン屋さんだけあって、小さいけれど温かくて
美味しいパンはお代わり自由です! パン好きにはたまりません。
 

観光客のお客様も、ホテルのビュッフェの朝食に飽きたら、こういうパン屋さんで
好きなパンをいくつか買って、お部屋の中で食べるのも良いかもしれません。

 
  • Share this post:
  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg

  皆様のクチコミ・コメントをよろしくお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
楽しいバリ情報が満載