2015/02/16 9:30 AM

40年前にバリ島で起こった悲劇

乗員乗客107名、全員死亡。

1974年4月22日、パンアメリカン航空812便が、香港を出発してから4時間20分後、
バリ島シンガラジャの山中に墜落し、搭乗していた乗客96人、乗員11人の全員が
死亡しました。 一番多く亡くなったのが日本人で、29人が犠牲になりました。

今回、日本のある大学のグループが、バリ島パダンガラッにある慰霊碑を訪問して
下さいました。 場所はサヌールとトパティの間にある、パダンガラッの海に近い
所になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

慰霊碑の前には広い駐車場があります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小さな門を入るとそこに慰霊碑が建てられています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は20名の学生さんと引率の先生でこの慰霊碑を訪問して、一人一人お花を手向けて
下さいました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お花の他にお線香やお供え物なども。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

慰霊碑には亡くなった方全員のお名前が刻まれています。 これを見ても日本人が
一番多いのがお分かりいただけると思います。 墜落した便は、香港発デンパサール経由
オーストラリアのシドニー行きの定期便でした。 アメリカ人が26名、フランス人が18名、
オーストラリア人が16名、その他ドイツやカナダ、インド、インドネシア、フィリピンの
方などが犠牲になりました。

現在でも命日などにはここを訪れる方がいらっしゃるそうですが、年月が経ってしまうと
だんだんと訪れる方も減っている様です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回、慰霊碑を訪問して下さった皆さん。 ありがとうございました。

 

随分前の事ですが、実際にバリ島で起こった悲劇です。 機会があればウブドからの帰りに
立ち寄って手を合わせてみてはいかがでしょうか。

 
  • Share this post:
  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg

  皆様のクチコミ・コメントをよろしくお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
楽しいバリ情報が満載