2015/02/27 9:30 AM

シワとブッダの寺院の祭礼

シワとブッダの寺院でオダランが行われました。こちらの寺院は2008年に建立された寺院で、ヒンドゥー教の
神様と仏教の神様が一緒に祭られている寺院です。バリには仏教の神様を祀る寺院や遺跡もいくつかあり、
その中でもこの寺院は新しいものになります。寺院ができた際には日本から僧侶もいらっしゃったそうです。

11

お祭りのために華やかに飾られた寺院の中にはストゥーパもあります。

 

12

ご神体もヒンドゥーとブッダの両方が祭られていて、あちこちにある仏教的な要素に日本を思い出し、
懐かしさも感じてしまいます。

 

13

涅槃仏もありますが、ヒンドゥー教の祭壇やお供え物なども。もともとはヒンドゥー教の村の一角に
こちらの寺院を建てることになったそうで、村の方々と一緒にこのお寺を守っているそうです。

 

14

ブッダの高僧が儀式を執り行います。

 

15

珍しい太鼓の演奏もあり、皆で祈りを捧げて無事に儀式が終わりました。

 

こうやって信者の方、村の方の思いが一つになり、大切にされている寺院の儀式、なんとも素敵ですね。
夏にはまた日本から僧侶の方がいらっしゃるそうです。こうやってお寺を通してバリだけではなく日本とも
交流が行われています。

 
  • Share this post:
  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg

  皆様のクチコミ・コメントをよろしくお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
楽しいバリ情報が満載