2015/05/05 10:52 AM

サラスワティの日でした

先週の土曜日、バリは学問と芸術の女神サラスワティに感謝を捧げる日『ハリ・サラスワティ』でした。
本を読んだり書き物をするのはお休みし、本や書物の類、ノートや教科書にも、お供え物が捧げられます。

 

 

01

学校には生徒や先生たちが集まり、サラスワティの日のお祈りを行います。

 

02

真剣に祈りを捧げる生徒たち。このお祈りが終われば、みんな帰宅してしまいます。

 

 

03

そして、サラスワティの翌日は『バニュ・ピナルー』。この日はみんなで寺院や湧水、お坊さんの元に沐浴へ
行きます。知恵・知識の水を受けるという意味合いがあります。また、この日にはうこんなどで炊いたご飯
ナシ・クニンを使った『ナシ・ルバアン』(黄色いご飯に野菜、鶏肉などのおかずをのせた物)を神様に捧げます。

 

 

04

そして、みんなでこのナシ・ルバアンを食べるのがお楽しみなんです。

 

 

サラスワティの日から4日後はプグルウェシという悪霊が来ないように様にお祈りをするバリヒンドゥ教の祝日です。サラスワティからプグルウェシまでお休みのお店等もあるようですが、観光の際お祈りの儀式や正装をした現地の人をよく見かけるかもしれません。

 
  • Share this post:
  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg

  皆様のクチコミ・コメントをよろしくお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
楽しいバリ情報が満載