2016/08/26 10:00 AM

レンボンガン島の風変わりな憑依の儀式

今回は珍しい儀式のためにレンボンガン島を訪れました。サンヒャンという、憑依の儀式が10日近くの間に
20以上も奉納される貴重な儀式です。

 

11

竹のサンヒャンは、男性がポンポンと地面に打ち付けながら上下に動かします。

 

12

籐のサンヒャンは、まるで綱引きのように賑やかに。

 

13

馬のサンヒャン、サンヒャン・ジャランはトランス・ダンスでもお馴染みですが、
島のサンヒャン・ジャランはこんなに巨大!

 

14

そして箱者に乗せられたタイプのものは、道路を走り回り、持ち上げたり、投げつけたりと、
通常のサンヒャンでは見ることのできない光景でした!

 

サンヒャンは、村のネガティブなエネルギーを払うために行われますが、こんなにも豪快なサンヒャンは
なかなか他にはありません。所変われば儀式の行い方も異なるバリ。奥が深く興味深いと再確認する儀式でした。

 
  • Share this post:
  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg

  皆様のクチコミ・コメントをよろしくお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
楽しいバリ情報が満載