2019/10/02 9:08 AM

バリ・ヒンドゥー教のお供え物

 

先日訪れた友人の村では、葬儀前のお供え物の準備をしているところでした。
バリ・ヒンドゥー教のお供え物は日々供える小さなものから、儀式の規模によって
お供え物の種類や数も大きく変わってきます。
そのため、なかなか作ることのない珍しいものや大きな儀式のための大量のお供え物などは、
自宅で作らずお供え物職人に頼むこともあります。

 

お供え物職人さんの作業場へ。
ちょうど葬儀用のお供え物の作業が進められているところでした。

 

こんな細かな飾りも、全部女性たちの手作業で作られていきます。

 

こちらは、故人を清めるためのセットです。

 

一つ一つに意味があり、置く場所も決まっていて…と、お供え物ひとつとっても奥が深い!
 

こうやって全て手作業で進めている女性たちには本当に感心してしまいます。
お供え物がなくては儀式は行えないため、
バリではお供え物職人さんたちは僧侶と並ぶ聖職者としても扱われます。

 

 
  • Share this post:
  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg

  皆様のクチコミ・コメントをよろしくお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
楽しいバリ情報が満載