2020/02/25 9:11 AM

東ジャワの伝統舞踊 レオッグ

 

先日デンパサールにてインドネシアの文化イベントがあり、参加してきました。
バリだけではなくジャワ島の伝統芸能なども披露され、なかなかない珍しい機会でとても面白かったです。
 

その中の一つがこちら、レオッグ。
この大きなお飾り、実はお面なんです。
 

ダンサーはステージに倒したお面に寝そべって頭にはめ込んで、起き上がります。
 

虎の顔と孔雀の羽で飾られたこのお面は60kgもあり、マスク内のバーを口で加えて踊ります。
 

踊る度にステージからは風が起きるほど激しく動き回ります。
 

元々は民衆の娯楽のための踊りだったそうなのですが、
呪術的なパワーもあると言われており、今でも貴重な踊りとして大切にされています。
バリではなかなか鑑賞する機会がありませんが、マス村のトペン・ミュージアムというマスク専用の美術館内で
レオッグのマスクを見ることができます。
 

 
  • Share this post:
  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg

  皆様のクチコミ・コメントをよろしくお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
楽しいバリ情報が満載