インドネシア共和国とは?

 

国名インドネシア共和国
Republik Indonesia
Republic of Indonesia
◇ 元首
国家元首(大統領) ジョコ・ウィドド
 副国家元首(副大統領)  ユスフ・カラ
◇ 人口
 インドネシア全体人口  2億3,765万人(2010年調査)
 バリ島人口  389万人(2010年調査)
◇ 宗派
 イスラム教  約87%
 キリスト教  約10%
 ヒンズー教  約1%
 仏教  約1%
 その他  約1%
◇ 宗教
    • インドネシア共和国は一種の宗教国家でもあります。
    • 建国5原則(パンチャシラ)は「唯一至高神への帰依」 を第1原則とし、憲法第29条は「国民の信仰の自由及び宗教的義務遂行の自由の保障」を規定しています。
    • 憲法は特定の宗教に言及せず、政府はイスラム教と共にキリスト教カトリック、キリスト教プロテスタント、ヒンズー教、仏教の5大宗教を国家公認の宗教と定め、平等に憲法上の権利保障の対象とする基本方針をとっています。
    • 国民各人は公認宗教のいずれかを選び、住民登録や国勢調査などの際に申告しなければなりません。
    • 結婚する場合にはいずれか1つの宗教を選択しなければならず、婚姻の際に宗教裁判所が仲介するシステムになっています。
    • 宗教の重要性は国民の休日にも現れています。政府が制定したインドネシア全土の祝祭日は1年に13日あります。その内11日が宗教関係の祝祭日で、イスラム教が5日、キリスト教が3日、仏教が2日、ヒンズー教が1日で、バリ島では更にヒンズー教独自の祭日でお休みになる事があります。残る2日は元日とインドネシアの独立記念日です。
  • Share this page:
  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • Digg